書評:『40歳が社長になる日』(岡島悦子)

またまたキャリア論の本を読みました。

最近、自身のキャリアについて考えることが多いからでしょう。

 

こちらの本は、イノベーションのジレンマが起きるような現在では、経営のOS(オペレーションシステム)を昭和型から平成型へ変える必要があり、リーダーシップそのものも変わっていく必要があると述べています。「逆転のリーダーシップ」や、星野リゾートを例に取った「顧客共創型」のリーダーシップやデジタルネイティブである40代が今後は社長を担っていくだろうと述べています。

さらに、個人に焦点を当て、上記のような時代の流れがくるからこそ、岡島さんのいう「キャリアのタグ」を作ることが重要だと。キャリアのタグは、藤原氏や堀江氏が行っている掛け算でのスキル構築に通ずるところはありますね。

 

失敗が許される20代のうちに多くのジョブを経験し、新しい部署への変化適応力をつけることが必要と主張しています。

新しい部署への変化はそのまま、社会の劇的な変化への適応力も示すし、「場数を踏んだものが勝つ」世の中になっていると筆者は強く主張しています。

 

 

最後は、「One JAPAN」という団体について触れられていました。

「One JAPAN」は、大企業に勤めている私と同世代(20代後半〜30代前半)の人たちで構成された有志団体であり、大企業の横のつながりが企業の枠を超え、イノベーションの創出をしていくという素晴らしい団体です。

 

 

私も蚊帳の外から眺めているだけですが、岡島さんも私と同じ感想を持たれていました、、ね。。